macbee planet macbee planet

NEWS ニュース

2021.12.06

PR

当社子会社Smash、博報堂の新規事業推進組織「ミライの事業室」が発足した「エモテクJAPAN」への参画が決定

当社子会社、株式会社Smash(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO石山 真也、以下「当社」)は、株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下「博報堂」)の新規事業推進組織「ミライの事業室」が発足した業界横断プロジェクトチーム「エモテクJAPAN」に参画したことをお知らせいたします。当社がリテンションボット「Smash」で培ってきた技術で、人とエージェントの心を通わせる技術やノウハウである「エモテク」の発展に寄与してまいります。

 

 

​近年テクノロジーの進展により、スマートスピーカーを含む音声UIやコミュニケーションロボットなど、人と対話するサービスインターフェース(総称して「エージェント」と呼称)の普及が急速に進んでおり、2025年には7000億円の市場規模に成長すると予測されています(※1)。さらにコロナ禍において、医療や介護の現場などで業務のサポートや、患者・医療従事者・高齢者の心のケアなど、新たなユースケースの検証も進められており、エージェント型デバイスのニーズは今後さまざまな生活シーンで高まっていくことが見込まれます。

 

そのような中で、当社はリテンションボット「Smash」を通じ、エージェントでありながら、人と対話しているような心地よさ、空気を読むといった技術を開発・提供してまいりました。

 

そして今回、関連技術を持つ企業や研究機関がコミュニティを形成し、「エモテク」に関する情報交換や技術連携を通じて、エージェント市場の活性化と拡大を目指したいという博報堂の想いに共感し、「エモテクJAPAN」に参画する運びになりました。

 

共同実証実験などを通じた優れたユースケースの創出や、技術連携によるエコシステムの実現、国内外への戦略的な情報発信やセミナー・イベントの開催など多様な活動を協働して行い、さらなる技術の発展、市場の成長を推進に寄与してまいります。

 

※1  出展:株式会社シード・プランニング
「2020年版 対話AIビジネスの現状と将来展望」

 

 

■エモテクJAPAN
https://emo-tech.jp/

 

■博報堂 ミライの事業室
2019 年に発足した博報堂の新規事業開発組織。「チーム企業型事業創造」を方針に、博報堂が自ら事業オーナーとなり、多様なパートナーと連携して生活者にとって価値ある新規事業の創造に取り組んでいます。博報堂の強みであるクリエイティビティとつながりを力に、ミライの新しい社会と産業をデザインしていきます。
https://mirai-biz.jp/

 

 

■リテンションボット「Smash」について
サブスクリプションサービスや、定期通販の既存顧客に対し、「解約」というタッチポイントでコミュニケーションを図り、解約抑止・分析を行います。
顧客とのコミュニケーションからサービスや商品に対する温度感を数値化し、リアルタイムで空気を読むことによって、デジタルの枠を超え、より人間との会話に近いコミュニケーションを実現しています。

 

 

■株式会社Smashについて
サブスクリプションサービスや定期通販の企業と顧客のデジタルコミュニケーションをサポートしています。「解約」から企業の課題を見つけ出し、「企業の強み」に変え、顧客のロイヤルティ強化を実現します。
これまでの既成概念を打ち砕き、新しいアイデア、新しいテクノロジーで時代や社会に必要とされる会社を目指しています。

 

【会社概要】
代表取締役:石山 真也
設立:2021年3月31日
URL:https://smash.ne.jp/
所在地:渋谷区渋谷3-11-11
事業内容:データを活用したマーケティング分析サービス