macbee planet macbee planet

NEWS ニュース

2022.03.09

NEWS

Macbee PlanetとEast Venturesがスタートアップ企業のマーケティング支援で事業連携

株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:千葉 知裕、以下当社)とEast Ventures(本社:東京都港区、代表取締役:衛藤 バタラ・松山 太河、以下East Ventures)は、スタートアップ企業へのマーケティングを支援することを目的に連携を開始しました。

■リリースの背景
当社は、「革新的なマーケティングにより世界を牽引する企業になる。」というビジョンのもと、データとテクノロジーを活用し、LTVマーケティングを提供しております。さらなる事業成長を図るため、取得データの拡大や解析力の向上による既存顧客への提供価値向上とともに、他業種への展開や既存業界のシェア拡大のための連携を積極的に検討してまいりました。East Venturesは数多くの日本を代表する
インターネットサービスに出資し、数多くの事業成長を導くとともに国内最大級の起業家ネットワークを築いております。本連携により、スタートアップ企業が成長時に直面するマーケティングの課題をサポートし、当社が2021年12月に公表している中期経営計画実現の重点施策として掲げるLTVマーケティングの新たな事業領域への展開を加速してまいります。なお、当社はEast Venturesの運営するイーストベンチャーズ4号投資事業有限責任組合への出資も行い、出資者としても同組合の投資先の価値向上に取り組みます。

■事業連携内容
East Venturesのネットワークを活かし当社のマーケティング戦略および運用支援サービスを提供いたします。当社のLTV予測技術を活用し、事業内容に応じてユーザーの継続購入時に成果が発生する報酬形態を適用し、マーケティングに係るキャッシュフローを改善することでスタートアップ企業のマーケティング投資と成長を促進いたします。

■当社連結業績への影響
今回の事業連携による当期(2022年4月期)の当社連結業績に与える影響は軽微であります。

■East Venturesについて
East Venturesは、国内外で数百社以上のベンチャー企業に投資しているベンチャーキャピタル。国内ではメルカリ、ツイキャス、Gunosy、gumi、dely、BASEなど、数多くの日本を代表するインターネットサービスに出資活動を通して応援していると共に、海外(主にアジア・米国)のネットサービスへも積極的に投資を行っています。

代表:衛藤バタラ・松山太河
本社:東京都港区六本木4-2-45高會堂ビル2階